那覇市で産後の骨盤矯正は年間1600人の施術実績で県内NO1の整体院!

おなが小禄整骨院


膝の痛み

成長痛から変形性膝関節症まで一度痛めてしまうと慢性化しやすいので要注意!!

膝の痛みといっても症状は色々あります。膝の半月板や靭帯の損傷や、膝関節捻挫、形性膝関節症、鵞足炎などなど。例えば、いつもつかう階段を上り下りする時にに膝が痛くなってしまった。そしてしっかり調べてみると膝関節捻挫だったとします。。。
でもその膝はなぜいつも使う階段の下りで関節捻挫を起こしてしまうのか?まで見つけることが早期回復と再発予防にもつながります。あなたのその『なぜ起こってしまうのか?』を見つけていきます。施術法としては立ち方のバランスから荷重のかかる部分をみつけてストレッチや超音波施術法を行ったり、膝のお皿の動きをつける調整や膝を動かす筋肉のストレッチ、また直接膝の関節の調整することもあります。
膝の痛みにお困りでしたらまずはご相談ください。
膝テーピング

膝の痛み(成長痛オスグッドシュラッター病)

小学生、中学生の膝の痛みで多いのが成長痛の1つのオスグッド病です。
成長期の身長が伸びる時期にバスケットボールなどのジャンプやダッシュが多い競技を頑張っていると発生しやすいです。痛みの出る部分は膝のお皿の下あたり。しゃがむと痛い、ジャンプすると痛い等の症状がでます。
悪化すると軽く触れるだけでも痛みが出ます。そのくらいになると膝のしたに小さな出っ張りが現れ始めます。
これは身長が伸びるのを止めている状態になっています。オスグッド病は軽く見ていると膝の痛みだけでなく身長が伸びるのを止めようとしてしまいます!!
しっかりとしたケアが必要です。
一般的な整骨院では膝周りのマッサージと脚のストレッチ、痛みの部分に低周波電気施術を行って終了です。
何回か通院して痛みが治まるのを待つような感じです。
おなが小禄整骨院では膝万節の動きを良くするための膝関節調整と、膝の曲げ伸ばしを行う大腿部の筋肉の深層部分の深層筋調整を行います。
また骨盤がゆがんでいると脚の長さが左右で変わってしまいます。それにより片足にのみ体重がかかりやすくなり膝への加重負担が大きくなり症状に繋がる。
なので骨盤矯正を合わせて行い脚長差をなくします。これだけでかなりの痛みが軽減します。
さらに必要に応じてプロスポーツ選手達が使う高電圧ハイボルテージ電気施術で疼痛緩和と筋の柔軟性を取り戻していきます。試合前だとスポーツテーピングも行います。
優良サイト

走ると発生する膝の外側痛み(ランナーズニー)

走っていて膝の外側が痛い、でも走らなければ痛くない人は注意!!
ランナー膝(ランナーズニー)は腸脛靭帯炎の別称です。マラソン、長距離自転車競技、激しいダンスなどで発症することが多い膝の痛みです。
痛みの発生部位は膝の外側から太ももの外側にかけてで、大腿部(太もも)の外側にある腸脛靭帯が柔軟性を失いテンション(筋肉の緊張)が強くなり、膝の骨の外側部分と腸脛靭帯が擦れることで痛みを発症します。
もちろん痛みが出た場合はまずはアイシングが先決です。長距離は走らないと痛みが発生しない事も多いので、治ったと勘違いしやすいです。おなが小禄整骨院では、大腿部(ふともも)全体のマッサージ、ストレッチを行い、腸脛靭帯に局所的ストレッチを施し、超音波施術器施術法やテーピングも合わせて行い痛みを軽減させていきます。NAHAマラソン前や尚巴志ハーフマラソン前の練習で痛める方が多くいらっしゃいます。運動中や運動後に膝の痛みを感じたら一度ご相談下さい。
県内での大会も増えて参加者も増え、痛める人も増えてます!つぎはあなたが痛めるかも
県内ではNAHAマラソンやおきなわマラソンなどの多くのマラソン大会があります。
早い人では8月の終わりごろから練習を始める人もいますね。いままで運動しなかった人が突然マラソンの練習を始めると、膝や足首、ふくらはぎ等 足のいろいろなところに痛みが発生する事があります。
主な原因はストレッチ不足のままでの走りですが、なかには走る際のフォームが悪く膝を捻ったまま走って膝を痛める方も多くいます。おなが小禄整骨院ではスポーツ外傷での痛みの施術はもちろんですが、しっかりしたストレッチ指導とともに走る前の基本的な立ち方、歩き方で重心移動の指導も行っております。

膝電気施術

ジャンプで痛む膝(ジャンパーズニー)

油断してると慢性化しやすい!!

バレーボールやバスケットボールなどプレイ中にジャンプをする事が多いスポーツではジャンパーズニーと言われる膝の痛みが発生することがあります。
その原因の多くは膝関節の問題と、膝を動かすための筋肉にたいしてのストレッチ不足があります。大腿四頭筋という太もも前面の筋肉の柔軟性低下も原因となっているということです。

おなが小禄整骨院では膝関節の関節調整はもちろんですが、それとともに大腿四頭筋の局所的ストレッチをしっかりと行う施術で膝の痛みを軽減させていきます。さらに膝から大腿四頭筋にかけての超音波治療やハイボルテージ電気治療といった物理療法も行い、症状に応じてスポーツテーピングも巻いていきます。

鵞足炎(膝の内側の痛み)

若い人ではあまり発生しませんが運動不足の中年以降で多く発生するのがこの鵞足炎です。
症状としては立ちしゃがみや階段の上り下りのさいに膝の内側ややした野部分が痛みます。
そのうち治るだろうと放置する方も多いですが、放っておいても悪化するだけです。
鵞足炎を構成する3種類の筋肉の筋力低下や柔軟性低下が主な原因です。
一般的な整骨院だと膝周りのマッサージと低周波電気施術をして終了です。
繰り返して通院する内に少しずつ痛みが軽減してきます。
おなが小禄整骨院では膝関節の調整と鵞足を構成する3種の筋の深層筋調整とピンポーンとストレッチを行います。
これだけでもかなり痛みは軽減します。
さらに骨盤の歪みが左右の足の長さに違いを生み膝に負担を与えるので4種骨盤矯正で骨盤歪みも解消して再発防止を行います。

おなが小禄整骨院のご案内

住      所:
〒901-0152
那覇市小禄421-33 1F
アクセス:
奥武山公園駅から小禄ボウル向け徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-858-2130
受付時間:
<平日>
午前 09:00~午後 12:30
午後 15:00~午後 19:30
<土曜>
午前 08:00~午後 15:00
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ