那覇市で産後の骨盤矯正は年間1600人の施術実績で県内NO1の整体院!

おなが小禄整骨院


関節の痛み

あなたのその関節痛、関節だけが原因と思っていませんか?

それぞれ関節にはその関節を動かすための筋肉が存在します。特定の動きをすると関節に痛みがでるなど、関節を動かして出る痛みをしっかり把握し、関節を動かす際に使う筋肉を特定して筋肉的アプローチ(筋力トレーニング、局所ストレッチ)を行なっていき、その関節と連動する関節にも動きをつけて、痛みの軽減させていきます。 膝の関節であれば、膝関節を曲げるための太もも筋(ハムストリングス)、伸ばすための筋(大腿四頭筋)、その二つの筋バランスを整えます。そして、関節自体に動きをつける調整を行います。さらに膝と連動する股関節の動きを良くして膝関節へかかる負担を減らし、痛みを取っていきます。

顎の痛み

顎関節(アゴの関節)の障害で多いのは顎の痛みや顎の関節音、開口障害(口を大きく開けれない)などといったものです。
原因は大きく分けると3つあります。

  1. 顎関節そのものの損傷(捻挫した状態)している場合、
  2. 顎関節そのものの損傷はあまりなく顎関節を動かす咀嚼筋(顔の筋肉)の筋力低下で発生する場合、
  3. 顎関節に問題があり咀嚼筋にも問題がある場合です。

上記の3つとも少なからずクビの姿勢不良が発生しており、それも顎関節に大きく影響しています。
おなが小禄整骨院ではそれは見極めて顎関節矯正とともに顎関節を動かす咀嚼筋の深部筋肉調整を合わせて行います。
さらにクビ部分の調整を行って姿勢改善も行います。
顎関節の軽い痛みや軽い関節音であれば1回の施術でかなり改善します。
慢性化した顎関節症の場合、顔が左右対称ではない歪みを起こしています。かなり大きな歪みでもほとんどの人が気づいていません。写真を撮って確認してもらうと初めて気づいてかなり驚かれます。
数回の施術で症状が改善されていきそれとともに顔の左右の歪みも収まってきます。
顎関節の症状でお困りの方は一度ご相談ください。

足首の痛み

スポーツ外傷に特化しているからこそ出せる効果      

足首(足関節)発生する痛みは急性、亜急性を問わず足首の関節捻挫が起因になって発生していることがほとんどです。おなが小禄整体院では、足首の関節調整と足首を動かす筋肉の深層筋肉調整や局所ストレッチ法、そして筋肉に医療用のEMS電気施術法を行うことで早期回復を図っております。
足関節テーピング足の関節は立って生活している限り常に体重を支えているので負荷がかかっており、施術でとりあえず痛みが引いても運動を再開するとまた痛み発生ということになりかねないので連続した通院施術が大事になってきます。また靱帯損傷を伴っていることも多いので、その場合はハイボルテージ電気施術法(高電圧電気施術法)も併用して行っております。

足首電気施術

指の痛み(突き指含む)

指の痛みは、直接ぶつけて痛めてしまう『突き指と』特にぶつけたということはないのに痛みだす『関節炎』などがあります。
突き指の場合は指の関節捻挫の一つなので捻挫施術をしっかりと行うことで1回の施術でもかなり改善します。
関節炎となっている場合はへバーデン結節、プシャー結節、関節リウマチなどいろいろなパターンがあります。
最近から痛み出した関節の痛みの場合は突き指と同じ捻挫の施術でかなり改善しますが慢性化している場合は数回の通院施術が必要となります。

手首の痛み

産後の女性に多いのが手首(手関節)の痛みです。子供を抱っこすると痛い、雑巾を絞ると痛いなど育児にも支障をきたします。
もちろん産後の女性以外でも、重いものを持っているうちに痛くなったなど発生率は低くありません。
慢性化しているものは『腱鞘炎』という状態になっていることが多いです。
突然痛み出した場合は『手首の捻挫』を起こしていることがかなり多いです。手首の捻挫の場合だと深部筋肉調整と手関節矯正は当然ですがどの動きで痛みが出るかで深部筋肉調整が変わります。
慢性化している腱鞘炎の状態であっても手首捻挫の施術で大幅に改善する方も半数近くいます。
手首超音波 1回の施術で痛みが改善されるのを体感できると思います。しかし手首はドアノブを回すなど些細な動きであっても思った以上に毎日の生活の中で使い続けているので再発スピードが速いです。
通院間隔を詰めて超音波施術などを合わせた通院施術が必要となります。

股関節の痛み

運動中や階段を降りるときなど様々な状況で発生することがあります。股関節痛の多くは内転筋という太ももの筋肉の筋力低下や柔軟性の低下で起こっています。
おなが小禄整体院では内転筋の深部筋肉調整と股関節関節調整を行います。筋力低下で発生している場合は筋力アップのための最新電気施術で太ももの筋肉に対して電気刺激での筋トレを行い痛みを軽減させていきます。
股関節電気施術

外反母趾

足の親指の変形を伴う痛みは『外反母趾』となっていることが多いです。慢性化したものは変形はひどいですがそれで安定してしまい痛みがないことが多いです。
問題は変形が始まろうとする頃です。強い痛みの為靴を履くことができない方もいらっしゃいます。変形し始めの状態は指の捻挫と同じ状態なので足の指に対する捻挫施術をすることで痛みは軽減していきます。
しかし立ち方や歩き方のバランスが悪く発生しているためにその立ち方や歩き方を改善させないとすぐに再発してしまいます。靴は痛みの原因とは関係ありません。
おなが小禄整体院では立ち方改善のためのハイボルテージ電気施術を使い内側重心という外反母趾にならないバランスの立ち方を作っていきます。
必要に応じてテーピングなども行います。
020190122150301.jpg

踵(かかと)の痛み

男女問わず踵の固い靴を履いている方に多いのが踵の痛みです。革靴などで長時間歩き続けたりを繰り返すと発生することが多いです。しかも一度発生すると革靴など関係なくかかとに体重が乗るだけで痛い。朝は痛くてつま先立ちで歩いているという方もいらっしゃいます。こどものかかとの成長痛はべつです。
おなが小禄整体院では発生原因となっている踵に付着している筋健とそのメインの筋肉に対して深層筋調整を行うことで痛みを軽減させていきます。
1回の施術でかなり痛みは軽減されますが靴を変えるなどの根本対策を一緒に行わないと再発することもあるので注意が必要です。

おなが小禄整骨院のご案内

住      所:
〒901-0152
那覇市小禄421-33 1F
アクセス:
奥武山公園駅から小禄ボウル向け徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-858-2130
受付時間:
<平日>
午前 09:00~午後 12:30
午後 15:00~午後 19:30
<土曜>
午前 08:00~午後 15:00
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ