那覇市で産後の骨盤矯正は年間1600人の施術実績で県内NO1の整体院!

おなが小禄整骨院


スポーツ障害(外傷)&スポーツパフォーマンスアップ整体

痛いまま練習続けてはダメ
身体の動かし方のバランスが悪いとパフォーマンスは上がらない
運動能力(パフォーマンス)を引き上げる為の
深部筋肉調整×4種骨盤矯正×高電圧ハイボルテージ電気施術

おなが整骨院には、スポーツ整体が併設されておりプロの格闘家やプロスポーツ選手がコンディション調整、パフォーマンスアップの為に来院されます。ゴルフやテニスをする中高年の方、部活動をする小中高生など、老若男女を問わずたくさんの人達がスポーツ(運動中、練習中)でのケガの施術を受けに通院されています。何度も同じ所にケガを繰り返す人は、体に根本的な原因が隠れています。姿勢不良や筋肉の柔軟性の低下、もしくは最初にしたケガが完治していない状態のままなのかもしれません。おなが小禄整骨院ではなぜ、同じようなケガを繰り返し再発させるのか?
その選手の身体の動かし方からバランスの悪そうな部位を特定して原因を見つけ出し、ストレッチ施術法や直流電気施術法、テーピング等でバランス調整を行いその原因を排除する施術を行います。bokusinngu.jpg2.jpg
痛みに対しての施術はもちろんですが、深部筋肉調整×関節調整×最新ハイボルテージ電気施術を行います。身体の各関節のどの可動域や稼働スピードをアップさせるのを目的とした施術です。例えば、肩甲骨の回転率を上げて肩関節の可動域と稼働スピードをアップさせ、腰椎の回転率を上げて腰の捻り(回旋)の可動域と稼働スピードを上げる事の組み合わせで、投球スピードアップや遠投をアップさせていきます

また、低下したインナーマッスル、筋柔軟性を改善させる事に力を
いれています。おなが小禄整骨院はスポーツをする方を応援します!! 

那覇市内の各中学、高校生が部活後に来院されています。

おなが小禄整骨院ではプロスポーツ選手のケガや学生のケガであってもハイボルテージ電気施術器や立体動態波と言われる最新の電気施術器などを用いて施術を行っていきます。       

超音波2.jpg2.jpg
2ハイボルテージ.jpg2.jpg

股関節の痛み

の症状、もしかしたら原因は太ももかも

競技にもよりますが、脚をしっかりと踏み込もうとした時やジャンプの瞬間やその着地、脚の角度を変えたときなど幅広い競技で股関節痛が発生することがあります。おなが整骨院でみるかぎりその多くが内転筋といわれる股関節を支える内ももの筋肉と、腸腰筋といわれる骨盤の内側の筋肉の柔軟性不足(筋肉の固さ)によって股関節に負担がかかりやすくなるために股関節捻挫を発生させてしまっています。おなが小禄整骨院では股関節の関節調整行い、内転筋の局所的ストレッチ、骨盤内の腸腰筋の調整を行います。さらに立体動態波やハイボルテージという電気施術器を用いて疼痛緩和させていきます。
股関節は体重を支えている関節なので体重の負荷を常に受けているため再発する事が多いので早めの受診をお勧めします。
レッグスト.JPG

膝の痛み、(オスグッドシュラッダー)成長痛

なぜ成長痛が発生するかしってますか?

主に球技(バスケやバレーなど)を頑張っている子供たちの中には身長が伸びる時期(小学校3年位~中学2年生位の時期)に膝のお皿の下に痛みが発生することがあります。そのほとんどがストレッチ不足による物です。太ももの骨(大腿骨)は成長するにつれて縦方向に伸びていくのですが運動量に対して筋肉へのストレッチ(柔軟体操)が足りていないと筋肉は縦方向に収縮(縮こまる)するので筋肉の付着部である膝の下のとがった部分に痛みが発生してしまうわけです。
ただの成長痛だと思って放っておくと身長が伸びるのを止めてしまう恐れもあるので早めの施術が大事です。膝ハイボル.JPGおなが小禄整骨院では膝の調整はもちろんですが、それとともに太ももの大腿四頭筋の深層筋調整をじっくりと行う施術で膝の痛みを軽減させていきます。さらに大腿四頭筋に超音波施術やハイボルテージ電気施術といった物理施術も行い、症状に応じてスポーツテーピングも巻いていきます。
膝テーピング.JPG

セーバー病(かかとの成長痛)

主に球技(バスケやバレーなど)を頑張っている子供たちの中には身長が伸びる時期(小学校3年位~中学2年生位の時期)にかかと(アキレス腱~土踏まずにかけての間)に痛みが発生することがあります。そのほとんどがストレッチ不足による物です。すねの骨(下腿の骨)は成長するにつれて縦方向に伸びていくのですが運動量に対して筋肉へのストレッチ(柔軟体操)が足りていないと筋肉は縦方向に収縮(縮こまる)するので筋肉の付着部であるかかと部分に痛みが発生してしまうわけです。
放っておくと足裏のアーチまでゆがんでしまい、足首の捻挫なども起こりやすくなってしまい別のケガを発生させやすくなってしまうので早めの施術が必要です。 
おなが小禄整骨院では足の調整はもちろんですが、それとともにふくらはぎの腓腹筋の深層筋肉調整をじっくりと行う施術でかかとの痛みを軽減させていきます。さらにかかとから腓腹筋にかけての超音波施術やハイボルテージ電気施術といった物理施術も行い、症状に応じてスポーツテーピングも巻いていきます。

股関節の痛み

その症状、もしかしたら原因は太ももかも
競技にもよりますが、脚をしっかりと踏み込もうとした時やジャンプの瞬間やその着地、脚の角度を変えたときなど幅広い競技で股関節痛が発生することがあります。おなが整骨院でみるかぎりその多くが内転筋といわれる股関節を支える内ももの筋肉と、腸腰筋といわれる骨盤の内側の筋肉の柔軟性不足(筋肉の固さ)によって股関節に負担がかかりやすくなるために股関節捻挫を発生させてしまっています。おなが小禄整骨院では股関節の関節調整行い、内転筋の局所的ストレッチ、骨盤内の腸腰筋の調整を行います。さらに立体動態波やハイボルテージという電気施術器を用いて疼痛緩和させていきます。

股関節は体重を支えている関節なので体重の負荷を常に受けているため再発する事が多いので早めの受診をお勧めします。
レッグスト.JPG

走ると発生する膝の痛み(ランナーズニー)

走っていて膝の外側が痛い、でも走らなければ痛くない人は注意!!

ランナー膝(ランナーズニー)は腸脛靭帯炎の別称です。
マラソン、長距離自転車競技、激しいダンスなどで発症することが多い膝の痛みです。

痛みの発生部位は膝の外側から太ももの外側にかけてで、
大腿部(太もも)の外側にある腸脛靭帯が柔軟性を失い

テンション(筋肉の緊張)が強くなり、
膝の骨の外側部分と腸脛靭帯が擦れることで痛みを発症します。

もちろん痛みが出た場合はまずはアイシングが先決です。
長距離は走らないと痛みが発生しない事も多いので、治ったと勘違いしやすいです。
おなが小禄整骨院では、大腿部(ふともも)全体のマッサージ、ストレッチを行い、
腸脛靭帯に局所的ストレッチを施し、
超音波施術器施術法やテーピングも合わせて行い
痛みを軽減させていきます。
NAHAマラソン前や尚巴志ハーフマラソン前の練習で痛める方が多くいらっしゃいます。

運動中や運動後に膝の痛みを感じたら一度ご相談下さい。

県内での大会も増えて参加者も増え、
痛める人も増えてます!つぎはあなたが痛めるかも

県内ではNAHAマラソンやおきなわマラソンなどの多くのマラソン大会があります。
早い人では8月の終わりごろから練習を始める人もいますね。
いままで運動しなかった人が突然マラソンの練習を始めると、
膝や足首、ふくらはぎ等 足のいろいろなところに痛みが発生する事があります。
主な原因はストレッチ不足のままでの走りですが、
なかには走る際のフォームが悪く膝を捻ったまま走って膝を痛める方も多くいます。
おなが小禄整骨院ではスポーツ外傷での痛みの施術はもちろんですが、
しっかりしたストレッチ指導とともに走る前の基本的な立ち方、
歩き方で重心移動の指導も行っております。

 

膝ハイボル.JPG

スポーツでの肘の痛み

あなたのその肘の痛み、本当に肘だけが原因だと思いますか?

男女年齢に関係なく、肘の痛みを発生させやすいスポーツがいくつかあります。肘ハイボル.JPG
それが野球やテニス、ゴルフにバトミントン、弓道など...。

スポーツ外傷の肘の痛みで当院に来院される方は多くいらっしゃいますが、
 90%以上の人達は、前腕(肘から手首)に
原因を抱えています(本人自覚有無関係なく)。
しかもそのほとんどがストレッチ不足(これも本人の自覚なく)によるものです。肘の痛みといっても人それぞれ原因が違う為、施術部位 施術法が異なってきます。肘に痛みが発生する本当の原因を見つけ出しそこにアプローチしていきます。

投げると痛む肩(野球肩)

投げすぎだけが原因ではありません

ある雑誌で野球をしている子供たちにとったアンケートで肩に痛みを感じたことがあるか?というのがあります。回答はあると答えた子供が90%を超えていました。野球肩(肩の痛み、違和感)で来院する子供達の多くはオーバーユース(投げ過ぎ)が原因です。練習を休みしばらくすれば痛みは感じなくなりますが練習再開で投げ始めるとまた肩の痛みを訴える子も少なくありません。
痛みや違和感を感じたら、まずはアイシング(冷やす)をすることが大切です。
そして適切な施術を受けることが今後を左右します。     

おなが小禄整骨院では五十肩施術を応用した施術で肩テーピング.JPG痛みをとっていきます。そして野球肩再発防止の為に
当院では投球練習の前にする投球(ゼロ真下投げ)を
指導しております。投球前に『ゼロ真下投げ』を行う事で
95%以上の子供達の肩の痛みがなくなりました。

おなが小禄整骨院では学生のケガであってもプロ野球選手やオリンピック日本代表選手たちがが使う最新の立体動態波といわれる電位施術器を用いた施術やオリンピックトレーナーより直接指導を受けたスポーツテーピング施術なども行います。野球肩に悩んでいるならぜひご相談下さい。

ジャンプで痛む膝(ジャンパーズニー)

油断してると慢性化しやすい!!

バレーボールやバスケットボールなどプレイ中にジャンプをする事が多いスポーツではジャンパーズニーと言われる膝の痛みが発生することがあります。その原因の多くは膝関節の問題と、膝を動かすための筋肉にたいしてのストレッチ不足があります。大腿四頭筋という太もも前面の筋肉の柔軟性低下も原因となっているということです。
おなが小禄整骨院では膝関節の関節調整はもちろんですが、それとともに大腿四頭筋の局所的ストレッチをしっかりと行う施術で膝の痛みを軽減させていきます。さらに膝から大腿四頭筋にかけての超音波治療やハイボルテージ電気治療といった物理療法も行い、症状に応じてスポーツテーピングも巻いていきます。

突き指を含む指の痛み

ただの突き指と思って放置してると変形することも!!

バスケットボールなどの重いボールをキャッチする際や壁や床に指よぶつけたりなどで指のいろいろな部分の関節を痛めることがあります。その多くが一般的に言う突き指(指関節捻挫)です。状態によっては指の関節を支えるための靭帯の損傷も伴っていることがあるので甘く見てはダメです。
大切なのは早期のアイシング(冷却)ですが、その直後の施術の方法で早期回復できるかが決まってきます。おなが小禄整骨院では指の関節の関節調整の施術はもちろんですが、その痛めた指の痛めた関節を動かすための筋肉に対して、ピンポイントストレッチと超音波施術器とEMS電気施術器を併用した物理療法をしっかり行うことで早期回復を図っています。必要と判断した場合はスポーツテーピングをさらに併用することで練習や試合にも出れるようにすることもあります。

 

 

ラケットを振る際に出る肩の痛み

野球肩よりも深刻です

オーバーハンドでラケットを振ると、ただ腕を振るよりも
肩の関節にかかる負担はラケット分の遠心力が加わることで
かなり大きくなります。
正しいスイングフォームはとても重要ですが、
正しい姿勢と正しい筋バランスも大切になってきます。
腕を振る際には肩甲骨と鎖骨と上腕骨が
バランス良く動きます(肩甲上腕リズムを含めた動き)
それらを上手く動かすためには姿勢と筋肉のバランスが
良い状態でないとスムーズには動きません。ケガの元となる事もあります。

おなが小禄整骨院では肩関節の関節調整はもちろんですが

姿勢を改善させるための調整と筋バランスを整えるための
ポイントを絞ったストレッチ施術法を行ってい行きます。

スポーツでの足首の痛み

スポーツ傷害の中で発生率が最も高く、最も再発しやすい

運動中、スポーツの最中に多く発生するケガと言えば
足首の捻挫(足関節捻挫)です。
軽程度のものから靱帯損傷を伴う重傷の物まであり、
内向きにに捻った内反捻挫、外向きに捻った外反捻挫など
タイプもいくつかあります。おなが小禄整骨院では
足首の捻挫の施術にはPASモーションという特殊な施術を用いて行います。
痛めているのは足首でも、実際に足首を動かすのは
ふくらはぎやすねの筋肉です。その足首を動かす筋肉に対して
施術を行うことで直接足首を触らないで施術することが可能です。

足首ハイボル.JPG 足関節テーピング.JPG
 

さらに おなが小禄整骨院では学生のケガであってもオリンピック日本代表選手やプロ野球選手などのプロスポーツ選手たちが使用する立体導体波やハイボルテージ電気といった最新電気治療器を用いた施術や、オリンピックトレーナーより直接指導して頂いたスポーツテーピングなどを合わせて行っていきます

パンチ力とパンチスピードアップ整体&投球スピード、遠投アップ整体

あなたの能力を最大まで引き出します!!

運動能力の向上(運動パフォーマンスアップ)施術を行います。

深部筋肉調整×関節調整(4種骨盤矯正)×最新ハイボルテージ電気施術×スポーツテーピング(必要に応じて)

①腰部の捻りやすくするため腰椎の回旋回転率を上げて腰を捻りやすく、回旋しやすくします。

腰椎回旋モーパル小.jpg2.jpg

②肩甲骨の外転回転率を上げる施術で、肩関節そのものの可動域と可動スピードのアップを行います。

肩aj小.jpg2.jpg

③前腕の深部筋肉調整と手関節の関節調整で握力をアップさせます。

手関節面圧小.jpg2.jpg

④踏み込み、蹴りだしを強くするため特殊なEMS機器を使って大腿四頭筋と下腿三頭筋と筋促通を行って
筋力アップによる踏み込み力アップを行います。
(アメリカの大リーガーやオリンピック日本代表も使用する機器)

脚立体動態波小.jpg2.jpg

⑤体幹を安定させるための4種骨盤矯正も併せて行います。

腰ドロップ小.jpg2.jpg

画像はドロップ骨盤矯正(状態に合わせた骨盤矯正を行います)
これらを組み合わせることで投球スピードや遠投距離を上げたり

パンチスピードやパンチ力を上げる結果に導きます。

 

ゴルフスイングアップ整体

ゴルフだとスイングモーションやスイングスピードを上げて飛距離を伸ばすための施術を行います
①右利きであれば腰部の左回旋稼働率をアップさせる関節調整を行い腰の捻り回旋スピードをアップさせます。

②右肩関節は内転可動を可動域をアップさせる肩関節調整を行い、
右肩を振り上げた状態から振り下ろすモーションアップを行います。

③左肩は外転外旋可動域を上げるための肩関節調整を行い
、左肩を右腕にそった内転位からスイングしながら外転位までのモーションをアップさせます。

④骨盤矯正も行い体幹をぶれないように安定させていきます。

⑤頸椎調整を加えて頚がぶれないようにします。
(必要時に握力アップ施術とテーピング)

最新電気施術機器、立体動態波(3D干渉電流刺激施術法)

伊藤超短波のイトーES5000を使用しての電気施術を行います。

3対の異なる高い周波数の電流が生体内部で干渉し、立体的で複雑な電流のうねりを発生させます。6点の電極から流れる電流が3次元的に干渉することで、生体深部の筋や神経にも刺激を与えることができます。また、搬送周波数をスウィープさせることで表層部から深層部まで広範囲に施術が行えます。

イトーES5000.jpg

沖縄県内では使用している所はおなが那覇整骨院と
おなが小禄整骨院しかありません。ソチオリンピックでも日本代表選手のケアに使用されました。

伊藤超短波新聞1.JPG県外だとメジャーリーガーなどの一流スポーツ選手や日本のプロ野球チーム、Jリーグのほぼ全チームが選手のケア使用しています。おなが小禄整骨院ではスポーツでの外傷の他、交通事故の施術やヘルニア等の慢性症状の方への施術など幅広く使用しております。
伊藤超短波新聞2.JPG

おなが小禄整骨院のご案内

住      所:
〒901-0152
那覇市小禄421-33 1F
アクセス:
奥武山公園駅から小禄ボウル向け徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-858-2130
受付時間:
<平日>
午前 09:00~午後 12:30
午後 15:00~午後 19:30
<土曜>
午前 08:00~午後 15:00
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ